シャンプーの危険成分

新しいシャンプーに変えたら、薄毛やかゆみ、フケが気になるようになったという人は少なからずいます。
体質や髪質、肌質は人によって大きく異なるため、すべての人に合うシャンプーというのはありません。
しかし、できれば避けておきたい危険性のある成分というものはあります。
そういった成分を覚えておき、シャンプーを選ぶときの参考にすることは大切です。
危険性のある成分については、個別にほかのページで紹介するので、参考にしてみてください。

危険成分は意外にも市販のシャンプーによく含まれています。
こういったシャンプーは使用してすぐ効果が実感できないと売れ残ってしまう恐れがあるため、即効性のあるものの体にはよくないとされる成分がつかわれます。
しかもこういった成分は非常に安価なため、メーカーにとってのメリットも大きいのです。
また、消費者の多くはシャンプーの安さや即効性、使用感などで選ぶため、成分などを確認することもほとんどありません。

シャンプー選びで大切なのは危険性の高い成分を頭に入れておくことですが、それがむずかしい場合はいくつかの点を注意して見るといいでしょう。
たとえばさまざまなメディアで広告を出しているのに、シャンプーそのものが非常に安価だとあまりよくない化学成分がつかわれている可能性があります。
特にノンシリコンや天然、無添加などの表記があるのに安い場合は、気をつけたほうがいいでしょう。
シャンプーだけでなく、トリートメントやリンス、コンディショナーなどでも気をつけることが大切です。